Top
ページ
風災条項で
屋根修理が
できる
屋根の構造
屋根各部名称
工事依頼・質問
問い合わせ
 運営組織
会社案内
 サイトマップ

工事種目:
 瓦、カラーベスト
 コロニアル、スレート材
 金属材料葺き替
 スレート材系屋根の
 復旧工事
 (美観再生工事)
 ガルバニュウム鋼鈑 
 カバー工法
 雨漏り修理・屋根修理
 屋根塗装
 屋根部防水工事
 外壁防水工事
 外壁工事


 瓦屋根、スレート材料について

 

1: 瓦(粘土瓦)

 

耐用年数は、数十年、100年経っても問題ないものも・・・
瓦とは、本来粘土瓦を指し、その産地、形、焼きの方法、色などによって数多くの種類があります。名前も日本瓦、陶器瓦、本瓦、焼き瓦等々名前もいろいろな呼び方があります。強風、地震などで瓦がずれたり、破損しない限り、また、少しのメンテ(漆喰、締め直)を定期的に行なえば何十年も持ちます。(材料自体は、50年以上は大丈夫)特に釉薬瓦(ゆうやく瓦)いぶし瓦(燻銀の瓦)は耐用年数がとても長い。瓦は地震に弱いと言われていましたが、工法も改良が進み最新の工法ではかなり強くなっています。(瓦屋根葺き替え工法、ガイドライン工法)

釉薬瓦(青) 釉薬瓦(黒)
 

長所
とにかく長寿命。 
色落ち、変化、劣化が少なく、いつまでも綺麗
なんといっても日本の屋根の風格がる
瓦自体のメンテの費用が格段に少なくて済む。

 

短所
1坪160kg〜180kgと重い。それだけ屋根に掛る負担が大きい
瓦の重ねしろが30mm〜50mmと少ないため
  緩勾配では水切れが悪く施工できない
瓦の重ねしろが少ないため多少強い横吹きの雨が降ると下地材まで水が
  侵入してしまう(雨仕舞いが悪い) 防水シート必須です。
瓦は、長持ちだが下葺材(防水シート)、下地材(野地板、コンパネ)の
  劣化が早い
材料費もさることながら、工期の長さ工事自体の手間がかかり割高

 

2: セメント瓦

    
 

耐用年数は20年ぐらい、1坪140Kg前後
セメント瓦屋根は戦後一番多く使用された屋根材です。
ここで言うセメント瓦は厚型スレートというものでセメントをプレスし塗装したものです。材質がセメントのため20年位経ちますと防水機能が低下し雨水が浸透し始め、さらに放置すると雨漏りが発生します。 今では、新築の家では殆ど使われなくなりました。

 

2: スレート材(カラーベスト、コロニアル等)

    コロニアルは、旧株式会社クボタの商品名、カラーベストは、旧松下電工外装株式会社の商品名です。 2003年12月、株式会社クボタの住宅建材事業部と松下電工外装株式会社は事業統合を行い、現在カラーベストは商品として残っています。 材料の耐用年数は、20年ぐらい。新築時の塗装はアクリル塗装で、塗装の耐久年数は7年前後)つまり7,8年の間隔で、再塗装をしないと美観が損なわれます。しかし材料の基本機能は、塗装が剥げ落ちても変化ありませんので、塗装のやり直しは屋根の美観を保つ意味でしかありませ平板スレートは1坪あたり60Kgと軽量であるため地震の際に基礎や柱など建物自体に対する負荷が少なく地震に強い屋根材といえます。 見栄えが良くコストも安いので現在では、新築や建売住宅で最も使われている材料です。
○長所
   ・スタイリッシュなデザイン。
 ・材料が安く、漆喰などの手間が掛からないため全体として工事価格が安い。
 ・施工が比較的簡単で工期が短くてすむ。
 ・1坪60Kgと軽いので建物に掛かる負担が少ない。
 ・1枚の瓦に4箇所釘で固定するため、瓦がずれたり外れにくい。
 ・種類も豊富で、様々なカラーバリエーションがある。
×短所
   ・アスベストを含んでいる。一般的なカラーベストやコロニアルは平成13年
  以前、フルベストは平成15年以前、セキスイかわらは平成2年以前の商品
  にアスベストが含まれています。
 ・色褪せしやすい(塗膜が剥がれやすい)。
 ・塗膜が剥がれると、素地がむき出しになり美観を損ねる
 ・板金棟(むね)が錆びやすい。


スレートからガルバリウム鋼板への屋根葺き替えの概算金額をお知らせしています。 
屋根の葺き替えの見積を、複数依頼もできる便利なサイトです。 スレートの葺き替えの見積は屋根葺き替え相場ドットコム
屋根葺き替えお助け隊に載せていますので、そちらをご覧ください
Nobilis Works 「屋根葺き替えお助け隊」/copy right all reserved